• 快適な空間づくり
    自分の家、というのは誰しもが最も落ち着くことが出来る場となっています。しかし家の中の温度が寒すぎたり、暑すぎててしまう場合にはなかなか落ち着くことが出来ません。
  • 種類別の特徴と魅力
    住宅の室内を暖める暖房器具にはさまざまなものがあります。代表的なものにはストーブ、ヒーターなどがありますが、なかでも最近注目を集めているのが、「床暖房」になります。

postheadericon 種類別の特徴と魅力

住宅の室内を暖める暖房器具にはさまざまなものがあります。
代表的なものにはストーブ、ヒーターなどがありますが、なかでも最近注目を集めているのが、「床暖房」になります。

床暖房は大きく二種類に分けることができ、それは「電気式床暖房」と「温水式床暖房」になります。
それぞれ仕組みや室内の暖まり方、コストなどでさまざまな違いがあるため、この違いをきちんと把握しリフォームする際に適切なものを取り付けることが出来るようにしましょう。

では設備面やメンテナンス面でそれぞれの特徴を見て行きましょう。
電気式床暖房の場合は、温水式床暖房に比べ工事の手間がかからない、ということがわかっています。
そのため、メンテナンスを定期的に行う必要もなく、楽に床暖房として使用することが出来ます。
しかし温水式床暖房の場合、室内全体をムラなく均一に暖めることが出来るというメリットがあります。
そのため、手軽に取り付けることが出来ることを重視するのであれば電気式床暖房、より快適に部屋を暖めたいのであれば温水式床暖房が最適になります。

次は安全性や快適さで見ていきます。
電気式床暖房の場合、閉塞面の温度が5℃ほど高くなる、ということがわかっています。
そのため長く同じ場所にいたり、身体が接している時間が長くなってしまうと低温やけどの危険性も高くなってしまいます。
なので、小さな子どもやお年寄りがいる家庭の場合は、電気式の使用ではより気を遣わなければいけなくなるため、このような心配のない温水式床暖房の方が最適になります。

このような二つの種類の違いを細かく把握することで、より自分の家庭に合った床暖房をリフォームで取り入れることが出来ます。

アーカイブ
カテゴリー